Tag-Archive for » Portuguese translator «

Hello Everybody

It has been a while. Much too long!

I had a fantastic 2013. Very busy. I was blessed with many projects, worked in many exotic places in Africa, met interesting people, and realised quite a few personal goals. I am immensely grateful.

I managed to read a few books in between (very important) and just finished reading Robin Sharma’s “The Greatness Guide”. What a good book. It inspired me to do a “clean sweep” so that I can be more efficient in my work and get more out of my days (including a few minutes to write in my website); it made me think about and realign some of my goals; it made me add to my “Bucket List” (or 101 things to do before I die) at 4am; it made me want to be a better human being.

Here are some snippets:

“Your days define your life. Your days are your life in miniature” + “Make time to think”

Isn’t it true that sometimes we are so busy that we don’t even take the time to think about why it is so and why we are doing what we do? Do we really use our days the best way possible?

“To be more productive, relax and have more fun” + “Get goofy at work”

I have been trying to live by this for the last 14 years and it works. I find that if you look after yourself by having a balanced life and taking time to enjoy moments and people, and laugh at things, life gets easier to tackle and the moments of creativity appear more often. I am well known for my quirky ways…

“The earth is small”

Oh boy! Have I felt this countless times! Stephen Hawking (another inspiring human being. His book “A Briefer History of Time”, which I got for Christmas, is awesome) writes that we are on a minor planet of a very average star in the outer suburb of one of a hundred billion galaxies. It puts a new perspective on things, doesn’t it?

“Who inspires you?”

I like to surround myself with inspiring people. Be it someone who is bravely battling through cancer; someone who is always joyful; someone who is very good at what they do; someone who teaches you new things; or someone who just makes you feel happy. Have you noticed that it takes days to recover from contact with negative people? Best to be avoided!

“How to live forever”

I am still working (hard) on this one : ) And I am planning to continue doing so until the last day!

Best wishes for happy days in 2014!

The Brics summit in Durban was deemed a success by the leaders of Brazil, Russia, India, China and South Africa.

South African Finance Minister Pravin Gordhan said “phenomenal progress” had been made in reaching an agreement to establish the New Development Bank. He could not say how long it would take to establish, but that it would be within 10 years.

Pacts signed on Wednesday included a “Multilateral agreement on Infrastructure Co-financing for Africa” and a “Multilateral Agreement on Green Economy Co-operation Co-Financing.”

A Brics Business Council was also formed and billionaire businessman Patrice Motsepe has been appointed to chair it.

China’s president Xi Jinping called on Brics countries to support Africa for stronger growth: “We should not only seek our own development, but seek the development of all countries”.

The Democratic Alliance welcomed the Brics Business Council, saying that the council could become a platform to trade and develop commerce worldwide, and an axis of influence which could alter the traditional distribution of economic power in the world.

Full article: http://www.fin24.com/Economy/Brics-sign-pact-as-summit-ends-20130327

Video: http://www.fin24.com/Multimedia/Brics-wrangle-over-new-development-bank-20130327-2

(See also post of 13 May on the subject)

 This one is for all the “scientists” out there and like minded people.

Anything seems possible, doesn’t it, once we let the imagination roam freely?

Also of interest to me in this article are the processes by which ideas might be generated.

I have only selected some snippets but the whole article is quite interesting. Enjoy it at:

 http://www.nytimes.com/2012/06/03/magazine/craig-venters-bugs-might-save-the-world.html?_r=1&pagewanted=all

 “In the menagerie of Craig Venter’s imagination, tiny bugs will save the world. They will be custom bugs, designer bugs — bugs that only Venter can create. Each of the bugs will have a mission. Some will be designed to devour things, like pollution. Others will generate food and fuel. There will be bugs to fight global warming, bugs to clean up toxic waste, bugs to manufacture medicine and diagnose disease, and they will all be driven to complete these tasks by the very fibres of their synthetic DNA.

 A Sci-Fi Fantasy Made Possible?

The prospect of artificial life is so outlandish that we rarely even mean the words. Most of the time we mean clever androids or computers that talk. But inside the laboratories of biotechnology, a more literal possibility is taking hold: What if machines really were alive? To some extent, this is already happening. Brewers and bakers have long relied on the diligence of yeast to make beer and bread, and in medical manufacturing, it has become routine to harness organisms like Penicillium to generate drugs. At DuPont, engineers are using modified E. coli to produce polyester for carpet, and the pharmaceutical giant Sanofi is using yeast injected with strips of synthetic DNA to manufacture medicine. But the possibility of designing a new organism, entirely from synthetic DNA, to produce whatever compounds we want, would mark a radical leap forward in biotechnology and a paradigm shift in manufacturing.

The appeal of biological machinery is manifold. For one thing, because organisms reproduce, they can generate not only their target product but also more factories to do the same. Then too, microbes use novel fuel. Chances are, unless you’ve slipped off the grid, virtually every machine you own, from your iPhone to your toaster oven, depends on burning fossil fuels to work. Even if you have slipped off the grid, manufacturing those devices required massive carbon emissions. This is not necessarily the case for biomachinery. A custom organism could produce the same plastic or metal as an industrial plant while feeding on the compounds in pollution or the energy of the sun.

Then there is the matter of yield. Over the last 60 years, agricultural production has boomed in large part through plant modification, chemical additives and irrigation. But as the world population continues to soar, adding nearly a billion people over the past decade, major aquifers are giving out, and agriculture may not be able to keep pace with the world’s needs. If a strain of algae could secrete high yields of protein, using less land and water than traditional crops, it may represent the best hope to feed a booming planet.

Finally, the rise of biomachinery could usher in an era of spot production. “Biology is the ultimate distributed manufacturing platform,” Drew Endy, an assistant professor at Stanford University, told me recently. Endy is trained as an engineer but has become a leading proponent of synthetic biology. He sketched a picture of what “distributed manufacturing” by microbes might look like: say a perfume company could design a bacterium to produce an appealing aroma; “rather than running this in a large-scale fermenter, they would upload the DNA sequences onto the future equivalent of iTunes,” he said. “People all over the world could then pay a fee to download the information.” Then, Endy explained, customers could simply synthesize the bugs at home and grow them on their skin. “They could transform epidermal ecosystems to have living production of scents and fragrances,” he said. “Living perfume!”

Whether all this could really happen — or should — depends on whom you ask. The challenge of building a synthetic bacterium from raw DNA is as byzantine as it probably sounds. It means taking four bottles of chemicals — the adenine, thymine, cytosine and guanine that make up DNA — and linking them into a daisy chain at least half a million units long, then inserting that molecule into a host cell and hoping it will spring to life as an organism that not only grows and reproduces but also manufactures exactly what its designer intended.

In 2003, Venter’s lab used a new method to piece together a strip of DNA that was identical to a natural virus, then watched it spring to action and attack a cell. In 2008, they built a longer genome, replicating the DNA of a whole bacterium, and in 2010 they announced that they brought a bacterium with synthetic DNA to life. That organism was still mostly a copy of one in nature, but as a flourish, Venter and his team wrote their names into its DNA, along with quotes from James Joyce and J. Robert Oppenheimer and even secret messages. As the bacteria reproduced, the quotes and messages and names remained in the colony’s DNA.

In theory, this leaves just one step between Venter and a custom species. If he can write something more useful than his name into the synthetic DNA of an organism, changing its genetic function in some deliberate way, he will have crossed the threshold to designer life.  Unless he already has.”

The EU and Angola: Making Up for Lost Time?

By Pedro Seabra, Portuguese Institute of International Relations and Security (IPRIS)

 On April 19-21, European Commission President José Manuel Barroso paid a long awaited three-day visit to Angola, with one simple stated goal: catching up. Catching up to the time and opportunities lost in a relationship that has been neglected or poorly nurtured over the years, especially in comparison with other international suitors like China or Brazil, who have persistently wooed Angola in the hopes of figuring among its top foreign relations priorities.

 … In Barroso’s own words, it “would be a mistake, it would be short-sighted for Europe not to be more present in the development tasks ahead of Angola”.

 …The instrument chosen to achieve such a goal was the so-called Joint Way Forward (JWF) mechanism that the EU has used in the past to promote its relations with countries that have not yet reached the ‘strategic partnership’ level but are considered important enough to receive considerable official attention. In the case of Angola, negotiations towards the final approval of the JWF have been taking place for years now and many assumed that a final agreement would remain difficult to achieve.

 … Nevertheless, despite Barroso’s own admission that the process hasn’t gone as smoothly as the EU had hoped, significant advancements have apparently been reached and Angolan President José Eduardo dos Santos was even invited to visit Brussels to personally sign the final agreement, thus “elevating to a superior level the relations between the EU and Angola”.

 … Auspicious expectations aside, EU officials tread a fine line when it comes to the upcoming parliamentary elections in Angola, expected to be held in the second quarter of 2012. Unlike UN Secretary-General Ban Ki-moon when he recently travelled to Luanda, Barroso actually met with Angolan opposition leaders and civil society leaders, seeking to highlight the efforts made by all Angolans towards preserving national peace and stability while granting nearly €1.2 million for electoral support to local movements. That did not mean, however, that he backed down from the previous announcement that the EU would not send electoral observers this time, despite the insistent requests from opposition parties.

 Full article:  IPRIS Viewpoints 94 www.ipris.org/php/download.php?fid=721

As language departments are downsized, or cut altogether in U.S. universities, the demand for Portuguese is growing. Although Portuguese has always been an important world language, it has only recently been recognized as an important language for business and international relations. 

…Today’s student is interested in Portuguese as a means to get ahead in the business world. Associate professor of Portuguese at Dartmouth College, Rodolfo Franconi, attributes the increased interest in Portuguese to two factors: “One, knowing just Spanish limits them to working in only one side of Latin America and right now, the Brazilian side is becoming more appealing and, two, the growing interest in ‘emerging’ countries on the part of the richest nations, especially U.S. interest in Brazil.”

Full article in http://languagemagazine.com/?page_id=3630

 Why China Wants a G-3 World

 “Of all the formulations deployed in recent years to describe the emerging world order, G-2 is probably the worst and most dangerous. Americans don’t like the idea of another rival so quickly achieving strategic parity and influence, and the Chinese are uncomfortable with such a high-level responsibility commensurate with their weight. (…) In fact, we live in a “G-3” world — one that combines U.S. military power and consumption, Chinese capital and labor, and European rules and technology.

The United States, the European Union and China are the three largest actors in the world, together representing approximately 60 percent of the world economy — with the E.U. being the largest of the three. (…) What is more, the triangular relationship between these three countries is crucial to the world.

Everyone knows about the density of economic, security and human links across the Atlantic and the growing importance of the “Chimerican economy.” However, most American analysts have missed the simple fact that the E.U.-China relationship is in many ways as dense as the U.S.-China relationship. (…)

This hints at the importance of shifting toward a G-3 discourse and framework. Europe is perhaps the only power that consistently embraces and advances global norms — and devotes considerable resources to them and demonstrates policy innovation. Without European contributions, there will be little global progress on intelligence sharing, counterterrorism and proliferation, promoting democracy and human rights, reducing greenhouse gas emissions, or rebuilding failed states. (…)

 If we seek a 21st century of progressive governance rather than another Cold War, more regularly convening a G-3 would be a good place to start.”

Full article:

http://www.nytimes.com/2011/09/08/opinion/08iht-edkhanna08.html?pagewanted=1&_r=2

Here is a good assessment of the current situation, albeit a bit negative, by David Dapice:

http://yaleglobal.yale.edu/content/global-economy-anybody-control

“Around the globe, national leaders show no clue, no confidence, about how to re-engineer job creation or global economic security, contends economist David Dapice. The US has many resources for resolving its large debt, but bickering and stubborn quests for power prevent speedy resolution. Europe’s resistance to enact long-term policies on unequal accrual of debt among its member states and grudging rescue do little to inspire confidence. Debt has weakened once strong economies, leaving them highly vulnerable in the event of unavoidable disasters, as is the case with Japan and its debt/GDP ratio of 200 percent. Emerging economies, so dependent on exports to wealthy nations and natural-resource extraction, offer limited hope. Around the world, the young confront a bleak future with limited job prospects, huge imbalances of all sorts and institutions under strain. National leaders resist efforts to pursue the common good and seek instead the pettiest of political victories. – YaleGlobal”

 

Cape Verde is often praised as an example among African nations, for its stability and developmental growth despite its lack of natural resources. It is a pity that other Lusophone countries seem unable to follow Cape Verde’s example.  

Last week, during the State of the Nation address, PM José Maria Neves stated that “the country is the most stable and better managed in Africa”, fulfilling the Millennium Development Goals and, “surprisingly, despite the biggest international crisis of the past 75 years”, its economy “continues to growth at a rate of 5,6%”.   

PS. Presidential elections will be held in Cape Verde on 7 August 2011.

http://www.oje.pt//noticias

Flag of Esperanto

 

[The word esperanto means “one who hopes”, based on Latin sperare ‘to hope’]

‘International Language – Forward and Complete Textbook’ was the title of a book published in Warsaw exactly 124 years ago. Its author was 28-year-old Dr Ludwik Zamenhof who had been working for 14 years on a common language for all people using the pseudonym Dr Esperanto. From that pseudonym came the name of the universal language itself, a vital language currently used in daily contacts by hundreds of thousands of people world-wide.

People were eager to learn a neutral language belonging to none of them and therefore not imposing a foreign culture, alien speech or someone else’s method of expressing ideas. Neutrality, however, was not the only advantage of Esperanto. Also worthy of note is the surprising ease with which it can be learnt when compared to national languages. Regularity and vocabulary based on Indo-European languages make Esperanto a language more readily learnable than foreign tongues. The possibility of acquiring satisfactory communication skills in far less time is an added incentive. Esperanto develops as the world, knowledge and technology develop, and the Esperanto Academy oversees its purity.

Today Esperanto it the most widely known and used planned language. Each year, a World Esperanto Congress is held, and this year’s is currently under way in Copenhagen with some 1,500 esperantists from all over the world in attendance.

From IEWY News:

http://www.iewy.com/31128-esperanto-%e2%80%93-124th-anniversary-of-a-universal-tongue.html

Other information:

http://www.esperanto.net  (Multilingual Esperanto site)

http://en.wikipedia.org/wiki/Esperanto (Including geographic, political and religious links to the language)

Hilarious “History of English” in a series of very entertaining videos. Each of the 10 videos, presented by The Open University (London), is about 1 minute long. Enjoy!

http://www.youtube.com/watch?v=r9Tfbeqyu2U&feature=BFa&list=SPA03075BAD88B909E&index=1

偽物モンクレール アウトレット モンクレール キムタク モンクレール ギャルソン モンクレール コート モンクレール ダウンコートレディースモンクレール ダウンコート メンズ モンクレール ダウンコート モンクレール ダウンコート モンクレール レディース ダウンジャケットモンクレール激安 ダウンジャケット ブランド モンクレール ダウンジャケット メンズ モンクレール ダウンジャケット モンクレール ダウンジャケット モンクレール メンズ ダウンジャケット モンクレール レディース ダウンジャケット モンクレール 店舗 ダウンジャケット レディース モンクレール ダウンベスト モンクレール ダウンモンクレールアウトレット ダウン モンクレール ダウン モンクレール メンズ ダウン モンクレール レディース ダウン モンクレール 店舗 ダウン レディース モンクレール デュベティカ モンクレール パリ モンクレール ビームス モンクレール フランス モンクレール ブランソン モンクレール ブランド モンクレール ポロシャツ モンクレール メンズモンクレールダウン メンズ モンクレール モンクレール偽物サイト モンクレール偽物通販 モンクレール偽物見分け方 モンクレールのコート モンクレールのサイズ モンクレールのダウンコート モンクレールのダウンジャケット モンクレールのダウン モンクレールアウトレットオンライン モンクレールアウトレット 偽物 モンクレールエス モンクレールオンラインショップ モンクレールガムブルー モンクレールジャパン モンクレールセール情報 モンクレールダウン偽物通販 モンクレールダウン偽物見分け方 モンクレールダウンコート激安 モンクレールダウンサイズ表 モンクレールダウンジャケット偽物 モンクレールダウンジャケットアウトレット モンクレールダウンジャケットサイズ モンクレールダウンハワイ モンクレールダウンベスト偽物 モンクレールダウンベストサイズ モンクレールダウンベストメンズ モンクレールダウンメンズサイズ モンクレールダウンメンズ新作 モンクレールダウンレディースセール モンクレールダウン口コミ モンクレールダウン暖かさ モンクレールダウン取り扱い店舗 モンクレールダウン人気モデル モンクレールダウン人気ランキング モンクレールダウン新作レディース モンクレールダウン評判 モンクレールダウン 偽物 モンクレールダウン コピー モンクレールファン モンクレールファン 偽物 モンクレールポロシャツ モンクレールメンズダウンコート モンクレールメンズダウンジャケット モンクレールメンズダウンベスト モンクレールメンズ人気ランキング モンクレールレディースダウンコート モンクレールレディースダウンジャケット モンクレールレディースダウンベスト モンクレールレディース人気ランキング モンクレール安く買う方法 モンクレール春物 モンクレール激安 モンクレール秋冬新作 モンクレール人気モデルメンズ モンクレール人気モデルレディース モンクレール通販偽物 モンクレール通販サイト モンクレール新作ダウン モンクレール正規取扱店 モンクレール モンクレール 価格 モンクレール 並行輸入 モンクレール 個人輸入 モンクレール 値段 モンクレール 偽物の見分け方 モンクレール 偽物 モンクレール 偽物 見分け モンクレール 偽物 販売 モンクレール 偽者 モンクレール 広島 モンクレール おくるみ モンクレール とは モンクレール アウトレット モンクレール アウトレット 価格 モンクレール アウトレット 店舗 モンクレール アウトレット 通販 モンクレール アウトレット 御殿場 モンクレール アンデルセン モンクレール ウールダウン モンクレール ウール モンクレール エバー モンクレール エベレスト モンクレール エリック モンクレール オンラインショップ 日本 モンクレール オンライン モンクレール オークション モンクレール カタログ モンクレール カラコルム モンクレール ガムブルー モンクレール ガムルージュ モンクレール キッズ モンクレール キッズ ダウン モンクレール ギャルソン モンクレール クインシー モンクレール クリーニング モンクレール グルノーブル モンクレール グレー モンクレール コピー モンクレール コート モンクレール コート メンズ モンクレール コート レディース モンクレール サイズ表記 モンクレール サイズ選び モンクレール サイズ モンクレール サイズ メンズ モンクレール サイズ レディース モンクレール サイズ00 モンクレール サカイ モンクレール シャモニー モンクレール ショップ モンクレール ジャケット モンクレール ジャケット メンズ モンクレール ジャケット レディース モンクレール ジュニア モンクレール ジュンヤ モンクレール ジョアンナ モンクレール スニーカー モンクレール スプリングコート モンクレール スーパーコピー モンクレール セザンヌ モンクレール セール モンクレール ダウンコート モンクレール ダウンコート メンズ モンクレール ダウンコート レディース モンクレール ダウンジャケット モンクレール ダウンジャケット メンズ モンクレール ダウンジャケット レディース モンクレール ダウンベスト モンクレール ダウンベスト 価格 モンクレール ダウンベスト サイズ選び モンクレール ダウンベスト レディース モンクレール ダウンベスト 新作 モンクレール ダウン モンクレール ダウン 価格 モンクレール ダウン 値段 モンクレール ダウン おすすめ モンクレール ダウン お手入れ モンクレール ダウン アウトレット モンクレール ダウン エベレスト モンクレール ダウン キッズ モンクレール ダウン クリーニング モンクレール ダウン サイズ モンクレール ダウン スーツ モンクレール ダウン セール モンクレール ダウン フランス モンクレール ダウン ブランソン モンクレール ダウン ベビー モンクレール ダウン マヤ モンクレール ダウン メンズ モンクレール ダウン メンズ アウトレット モンクレール ダウン メンズ 激安 モンクレール ダウン メンズ 人気 モンクレール ダウン メンズ 通販 モンクレール ダウン メンズ 2014 モンクレール ダウン モカ モンクレール ダウン モデル モンクレール ダウン ランキング モンクレール ダウン レディース モンクレール ダウン レディース アウトレット モンクレール ダウン レディース サイズ モンクレール ダウン レディース 激安 モンクレール ダウン レディース 人気 モンクレール ダウン レディース 2014 モンクレール ダウン ロング モンクレール ダウン 安い モンクレール ダウン 店舗 モンクレール ダウン 定価 モンクレール ダウン 種類 モンクレール ダウン 古着 モンクレール ダウン 激安 モンクレール ダウン 良さ モンクレール ダウン 品質 モンクレール ダウン 取扱店 モンクレール ダウン 人気 モンクレール ダウン 手入れ モンクレール ダウン 寿命 モンクレール ダウン 通販 モンクレール ダウン 新作 モンクレール ダウン 新作 メンズ モンクレール ダウン 一覧 モンクレール ダウン 札幌 モンクレール ダウン 評価 モンクレール ダウン 中古 モンクレール ダウン 着こなし モンクレール ダウン 子供用 モンクレール ダウン 子供 モンクレール ダウン 購入 モンクレール ダウン 買取 モンクレール ダウン 2011 モンクレール ダウン 2012 モンクレール ダウン 2013 モンクレール ダウン 2014 モンクレール ダウン 2014 メンズ モンクレール チェック モンクレール チベット モンクレール デュベティカ モンクレール ナイロンジャケット モンクレール ナイロン モンクレール ニットキャップ モンクレール ニット帽 モンクレール ネイビー モンクレール バジーレ モンクレール バッグ モンクレール バディア モンクレール バディ モンクレール バレンティーヌ モンクレール パリ モンクレール パーカー モンクレール ヒマラヤ モンクレール ビームス モンクレール ファッション モンクレール フランスで買う モンクレール フランス モンクレール フランス 価格 モンクレール ブランソン モンクレール ブランソン 偽物 モンクレール ブランド モンクレール ブルゾン モンクレール ブーツ モンクレール ベストダウン モンクレール ベスト モンクレール ベスト メンズ モンクレール ベスト レディース モンクレール ベニス モンクレール ベビー モンクレール ポロシャツ モンクレール ポロシャツ 偽物 モンクレール ポロ モンクレール マフラー モンクレール マヤ モンクレール マヤ サイズ モンクレール メッシーナ モンクレール メンズ モンクレール メンズ コート モンクレール メンズ サイズ モンクレール メンズ ジャケット モンクレール メンズ ダウン モンクレール メンズ ベスト モンクレール メンズ 人気 モンクレール メンズ 新作 モンクレール モカシネ モンクレール モカ モンクレール モデル モンクレール ライダース モンクレール ランキング モンクレール レオン モンクレール レザーダウン モンクレール レディース モンクレール レディース コート モンクレール レディース サイズ モンクレール レディース ジャケット モンクレール レディース ダウン モンクレール レディース ダウン 人気 モンクレール レディース ベスト モンクレール レディース ランキング モンクレール レディース ロング モンクレール レディース 店舗 モンクレール レディース 激安 モンクレール レディース 人気モデル モンクレール レディース 人気 モンクレール レディース 通販 モンクレール レディース 新作 モンクレール レディース 2014 モンクレール ロッド モンクレール ロワール モンクレール ロングコート モンクレール ロングダウンコート モンクレール ロングダウン モンクレール ロングダウン レディース モンクレール ロング モンクレール ワッペン モンクレール 本物 モンクレール 本物 見分け方 モンクレール 春夏 モンクレール 大阪 モンクレール 代理店 モンクレール 店舗 モンクレール 店舗 アウトレット モンクレール 服 モンクレール 種類 モンクレール 福岡 モンクレール 格安 モンクレール 公式 モンクレール 古着 モンクレール 横浜 モンクレール 激安通販 モンクレール 激安 レディース モンクレール 京都 モンクレール 帽子 モンクレール 迷彩 モンクレール 名古屋 モンクレール 取扱店 モンクレール 人気モデル モンクレール 人気ランキング モンクレール 人気 モンクレール 人気 ダウン モンクレール 人気 レディース モンクレール 日本 モンクレール 神戸 モンクレール 手入れ モンクレール 通販 モンクレール 通販 メンズ モンクレール 通販 レディース モンクレール 通販 激安 モンクレール 通販 正規 モンクレール 洗濯 モンクレール 仙台 モンクレール 新作 モンクレール 新作 メンズ モンクレール 新作 レディース モンクレール 新作 2014 モンクレール 新作 2014 レディース モンクレール 修理 モンクレール 靴 モンクレール 見分け方 モンクレール 御殿場 モンクレール 札幌 モンクレール 正規価格 モンクレール 正規代理店 モンクレール 正規店 モンクレール 正規品 モンクレール 正規 モンクレール 正規 通販 モンクレール 直営店 モンクレール 中古 モンクレール 着こなし モンクレール 子供 モンクレール 販売店 モンクレール 販売 モンクレール 購入 モンクレール 買取 モンクレール 00 モンクレール 2011 モンクレール 2014 モンクレール 2014 メンズ モンクレール 2014 レディース モンクレール 2014 秋冬 モンクレール 2014 新作 モンクレール 2015 モンクレール Acorus モンクレール Badia モンクレール Bady モンクレール Beams モンクレール Chevalier モンクレール Eric モンクレール Flamme モンクレール Gui モンクレール K2 モンクレール K2 スペシャル モンクレール Kenya モンクレール Lans モンクレール Lucie モンクレール Moka モンクレール Rod モンクレール Sacai モンクレール Serina モンクレール Tシャツ モンクレール Tib モンクレール Tours モンクレール Tulsa モンクレール Wiki モンクレール2014秋冬メンズ モンクレール2014秋冬レディース モンクレールs モンクレールv モンクレー モンクレール レディースモンクレールダウン レディース モンクレール 激安モンクレールダウン 激安モンクレール 新作モンクレールダウン 新作モンクレール 御殿場アウトレット モンクレール 御殿場 モンクレール 株式会社モンクレールジャパン 2014モンクレール 2014モンクレール ダウン Beams モンクレール